Home > Conditioning > Physical Therapy > Trigger Point Performance Therapy > 解説

解説


用語解説


自律神経系(AUTONOMIC NERVOUS SYSTEM)

中枢神経系の一部であり、食べ物の消化や、ホルモンの放出、筋肉や器官への血流の制御といったような、通常、意識下で制御されない体の動きをコントロールする部分。

 生体力学(BIOMECHANICS)

生体のメカニズムに関する学問で、特に筋肉が発生する力や、骨格構造上にかかる重力に関する学問。

 力の連動(FORCE-COUPLES)

間接周辺を動かすための筋肉の相乗作用。適切な動きを生み出すように筋肉同士が協働すること。

 筋肉間の協調(INTERMUSCULAR COORDINATION)

筋神経系では、全ての筋肉を適切な起動およびタイミングで協働させます。

 筋肉内の協調(INTRAMUSCULAR COORDINATION)

筋神経系では、筋肉内の運動単位の採用と同期を最適なレベルで行います。

長さ・張力関係(LENGTH-TENSION RELATIONSHIP)

筋肉が最も大きな力を発生することができる長さ。

 筋膜圧迫技法(MYOFASCIAL COMPRESSION TECHNIQUE (MCT))

組織を圧迫する独自の自己筋膜リリースの手法。{はんこん}器具を筋肉の可動範囲に沿って動かすことで、トリガーポイントや癒着、瘢痕といった筋肉の機能不全を解消し、筋肉を柔軟にして生体力学上の効率的な働きを回復させます。

筋神経系の効率性(NEUROMUSCULAR EFFICIENCY)

筋神経系では、主動筋と拮抗筋、バランスを取る機能が相乗的に働き、3つの運動面(矢状面、前頭面、横断面)全てにおいて運動の連鎖を生み出し、または減少させたり、安定させたりもします。

 適切な適応性(RELATIVE FLEXIBILITY)

動作パターンの中で、体は最も抵抗の少ない方法を探します。

 筋力(STRENGTH)

効率的に動作を行う上で、筋力のキャパシティまたはポテンシャル。

協力筋(SYNERGIST)

動作パターンの中で、主動筋を補助する筋肉。

 協力筋の統御(SYNERGISTIC DOMINANCE)

主動筋が弱っているか、機能が阻害されている状態で、その機能を協力筋が引き継いだ状態のこと。


利用者からの声



「フルタイムで働きながら、トライアスロンに月1回出場するのはとても大変です。マッサージを受けたり、理学療法士を訪問したりする時間はあまりありません。トリガーポイントツールを使ってから、ケガは一度もしていないし、体組織の回復が早くなりました。このツールは年間通してレースに参加していく上での鍵となっています。」
ステファン・シュワルツ(トライアスロン競技者、コナ大会の予選通過者)


「あなた方は私のビジネス手法に革命を起こしました。製品の効果にとても驚いています。先日、緊急治療室のドクターの奥様が、整形外科関連の友人からの紹介で来店されました。足裏の筋膜炎を改善する為の靴をお求めになりに来られたのです。彼女は足の痛みを苦痛に感じながら来店したのですが、お帰りになる際には痛み知らずの生活を送る展望とともに、トリガーポイントツールのトータルパッケージと、新しい靴を買って行かれました。たった1~2分フットボーラーを試しただけで、足裏の筋膜炎が90パーセント以上改善したのです。ほんの数分、お客様に本製品をお使いいただくだけで、効果を体感していただくことができます。間違いありません。」
ポール・エプスタイン(フロリダ州ペンサコラにある、ランニング・ワイルドのオーナー)


「この製品がいかにに優れているか、一言記したいと思います。私たちは、トータルボディパッケージをマディソンの店で購入しました。トライアスロンを完走した後(一部ひどいコンディションでした)、その晩と翌朝にこの製品を使ってざっとマッサージを行ったのですが、月曜日には痛みが全くなく歩けるようになっていました。こんなに早く回復するなんて、本当に感謝しています。来春、コーダレーンのトライアスロンに挑戦する際には、必ずTPマッサージボールとその他の製品も持って行きます。それでは。」
マーク・E・シーバーソン(トライアスロン ウィスコンシンの完走者)


「ストレッチは、私にとって毎日の体調管理の一環です。だから、ストレッチに必要な機能が集約されていて、腸脛靱帯のマッサージも行えるクワッドボーラーみたいな製品はうってつけなんです。この製品は本当にすごい! 家に居る間のトレーニングだけじゃなくて、北アメリカをトレーニングと競技で回っている間も、必要なマッサージが全てできるのがいいですね。」
カーラ・ジョンソン(フリースタイル・モーグルスキーの選手)


「関節鏡視下を行ってから、4ヶ月以上松葉杖の生活でした。キャシディにフットボーラーとTPマッサージボールを使ってマッサージしてもらったところ、杖無しで歩けるようになりました。信じられません!」
ウォルター・カブラル


「カールズバッドでのあなたとの出会いがこんなにも幸運なものになるとは思いもしませんでした。TPボールのおかげで、医者たちにできなかったこと…膝下の痛み、こわばりを取り除くことができました。ありがとう。」
ジム・コリンズ


「キャシディには土曜日の午後にホワイトロック・マラソン・エキスポでお会いしました。ここ数年ずっと不調だった、私の梨状筋を彼がマッサージをしてくれました。翌日、ここ数ヶ月間で初めて痛みを感じずにリレーを走ることができました。」
ナンシー・クラング