Home > Conditioning > Physical Therapy > Trigger Point Performance Therapy > アルティメイト6

アルティメイト6


アルティメット6とは


ランナーのパフォーマンスを高めるアルティメット6

ランナーのパフォーマンスを高めるには、バイオメカニクス(生体力学)を駆使することが重要です。キーポイントとなる6箇所をマッサージすることで、体の状態を完全な状態に持っていきます。最高のパフォーマンスが引き出せる、ケガに強い体の基盤を作っていきましょう。

ランナーのパフォーマンスを高めるアルティメット6

トリガーポイント社のトータルボディパッケージでは、キーポイントとなる以下6箇所をマッサージし、体の状態を完全な状態に持っていきます。最高のパフォーマンスが引き出せる、ケガに強い体の基盤を作ります。

ultimate six

エリア

1-ヒラメ筋(下肢にある筋肉)

2-大腿四頭筋

3-腸脛靱帯(ちょうけいじんたい)

4-大腰筋

5-梨状筋

6-胸筋

 

バイオメカニクス(生体力学)について

この製品をお買い上げくださった方は、これまでケガを経験したか、今もケガに悩まれている方でしょう。知識を身につけようとしていることは、正しい方向に前進していると言えます。本ガイドでは、知っておくと良いランニングにおける生体力学の基本概要を紹介します。この機会にご自身の体について理解を深め、より賢いランナーになりましょう。
このガイドでは、本製品とランニングの関係について説明しています。ランニングにおける生体力学で最も影響を与える身体の部分について集中的に取り上げます。その箇所が多くのランナーが故障する場所と言えるのです。

ランナーの目標は、足が地面に接している時間を最小限にすることですね。地面に接触している時間が長ければ、それだけ体への衝撃も大きい。これからご紹介するマッサージでは、特定の部分に弾力性を与えることによって、体の推進力を補助し、また体の状態を完全な状態に持っていきます。

生体力学の連鎖反応

まず始めに、足の動きについてご説明しましょう。私たちの足は、一日中地面を蹴る上で重要な役割を果たしています。地面を蹴ることから生体力学の連鎖反応は始まり、体の他の部分に影響を与えます。


u6-soleus

足がこわばった状態になったり、正常に動かなくなったら、ヒラメ筋(参照:前述-エリア1)をマッサージする必要があります。マッサージを行えば、筋肉の緊張はほぐれ、足の自然な運びを阻止していた瘢痕組織や癒着箇所が減ります。


u6-quad-itband

ヒラメ筋に異常があれば、膝が強制的に前へ押し出され、大腿四頭筋と腸脛靱帯(参照:前述-エリア2,3)に負荷がかかります。一度その辺りの弾力性が失われると、癒着箇所と瘢痕組織が筋肉の柔軟性を阻害しようと働きます。すると、骨盤と膝の間が収縮し、骨盤が傾きます。


u6-psoas

この状態になると、体の軸を安定させようとして、そけい部と背中の中ほどにあるT12(胸椎の一番下の骨)をつなぐ大腰筋(参照:前述-エリア4)に負担がかかります。また、骨盤が傾く(胴体上部がわずかに骨盤の前方へ傾斜)とL4-5(腰)部分への負担が大きくなるため、横隔膜が圧迫され、呼吸しづらくなります。


u6-piriformis

さらに、影響はエリア5と6にも及びます。体の機能が不完全であり、大腿四頭筋と腸脛靱帯に力が入らなくなっているため、梨状筋(参照:前述-エリア5)への負担が増します。


u6-pecs

 前傾姿勢になる(胴体がわずかに骨盤の前の位置に来る)と肩は自然に前へ出てしまい、胸筋(参照:前述-エリア6)への影響も出ます。胸筋に瘢痕組織がなくなれば、肩は自然に後ろへ行き、肺に酸素が届きやすくなり、腕も楽に振れるようになります。


ここまで、なぜ問題のある部分1箇所だけではなく、生体力学の連鎖全体に働きかけるのが重要なのかということを説明してきました。このガイドでご紹介するマッサージを実践すれば、6つのエリアが適切に機能することでランニング能力が向上し、ケガのしにくい体を手に入れられるでしょう。

トリガーポイントツールを使う上での基本

注意事項:

  • 本製品でマッサージを行う際は、強く押すことよりも深く呼吸することが大切です。
  • 深い呼吸をしないと、本製品の使用効果が発揮されません。
  • マッサージ中は、筋肉をリラックスした状態にしてください。
  • マッサージをした後は、マッサージした部分に血を巡らせるために、起き上がり歩いてください。深呼吸で取り込んだ酸素が血流に加わることで、筋肉の弾力性が高まります。
  • 効果を最大限に引き出すために、マッサージはトレーニング前後と就寝前1時間半以内に行ってください。

 

アルティメイト6トレーニングツール

【トータルボディパッケージ アルティメイト6(英文ガイドブック付)】