Home > Conditioning > Physical Therapy > Trigger Point Performance Therapy > トリガーポイントとは?

トリガーポイントとは?


トリガーポイントとは、引き金になるポイント(点)という意味で、痛みの引き金になっている、筋肉の硬縮部位のことです。

トリガーポイント

  • 筋肉にトリガーポイントが出来ると、その筋肉が緊張を起して筋肉を包んでいる「筋膜」を通して、痛みが関連したところに現れ、その痛みの発生部位からトリーガーポイントを見つけることも出来きます。
  • アメリカのTravellとSimons氏によって、1983年に「トリガーポイント・マニュアル」  という本が出版されてから、トリガーポイントに関連した研究が世界中に広がりました。

Myofascial(筋膜)

  • 筋膜は、身体の全ての組織にを覆っており、ホルモン,白血球などの免疫組織で、骨に付着しています。そして各組織を仕切る壁として働いている。この膜は、古くなった皮膚が新しい皮膚に生まれ変わるように,再生を繰り返します。
  • 運動不足により、長時間筋肉や骨を刺激しないと筋膜は硬化し、その周辺を覆う他の筋膜と癒着し、筋肉を収縮させ、骨格の歪みを引き起こす原因になる。歪みは,神経、リンパ、血管を圧迫し老廃物を蓄積しやすい代謝性の悪い身体をつくります。

 

 

 

トリガーポイント・パフォーマンス・セラピー ( TPPT )とは